ダンジョン等で使える仕掛けの種類を考える

私はRPGのダンジョンとかでよくある仕掛けを考えるのが好きなのですが、こういう仕掛けの情報ってネット上にもあまりないようです。そこで、私が考えられる範囲で考えてみた仕掛けについてまとめておきます。

なお、今回の仕掛けはRPG以外にも、グリッド移動の見下ろし型2Dゲームなら色々なジャンルに応用できると思います(特にホラーゲーム、パズルゲームなど。私は今息抜きに作っているドットイートゲームでも使っています)。

移動制限タイプ

プレイヤーの移動を制限する仕掛けです。

  • 一方通行床
  • 押せる岩
  • 泥沼
  • ワープ床

通行不能な床です。全く通行不能にするか、もしくは落ちてしまうといった設定にしてもいいかもしれません。スイッチで穴が閉じるギミックをつけると仕掛けの幅が広がります。

一方通行床

一方向にしか進めない床です。ウディタの場合、プレイヤー接触したときに主人公とイベント自身の方向を取得して、両者が一致するならイベントのすり抜けをONにするという方法で実現できます。

押せる岩

押して動かせる岩(または樽、オブジェ等)です。狭い通路に配置する場合は押した方向によっては戻せなくなり、詰む場合があるため注意が必要です。

泥沼

このマスにいる間、プレイヤーの速度を落とす床です。ホラーゲームなどで何かに追いかけられているときにこの床があると緊張感が増します。

ワープ床

踏むと別の場所にワープする床です。

与ダメージタイプ

プレイヤーにダメージを与えるトラップです。

  • トゲ
  • 毒の沼
  • 砲台
  • 爆弾

トゲ

トゲが出ているときに接触するとダメージを受けるトラップです。トゲは出っ放しでもいいですし、一定間隔で出たり引っ込んだりしても面白いです。

毒の沼

このマスにいる間、継続的にダメージを受ける床です。

砲台

一定間隔で砲弾を発射します。砲弾に触れるとダメージを受けます。

爆弾

それ自体にはダメージ判定はありませんが、何かの拍子に爆発してダメージを与える爆風を放出します。

スイッチ

プレイヤーが接触することでON/OFFが切り替わり、他のトラップを作動させたり停止させたりします。