くろくまそふと2周年!

10月1日で当サークル「くろくまそふと」は2周年です。わーい!

…といっても、正直そんなのはブログ読者の方にはどうでもいいことだと思います。しかしせっかくなので、今回はこの2年の活動の振り返り&今後の活動の予定についてまとめてみますね。

スポンサーリンク

2年間の活動の成果

では、まずはこの2年の活動の成果を見てみましょう。

リリースしたゲームの本数

はじめに、くろくまそふとを立ち上げてから今日までにリリースしたゲームは合計15本です。ジャンル別の内訳を表にまとめてみますと、

ジャンル 本数(カッコ内:3Dゲームの数)
RPG 5(1)
アクションゲーム 4(3)
パズルゲーム 2
FPS 1(1)
その他 3(1)

という感じになっています。

最初はウディタをメインに使っていたのでやはりRPGが多いですが、最近ではUnityがメインの制作ツールになったので、アクションやパズルなど色々なゲームを作れるようになってきました。また、Unityを使うことで2Dゲームだけでなく3Dゲームも作れるようになり、ゲーム制作の幅が広がったと思います。

ゲームのダウンロード&プレイ数

次に私のゲームがどれくらい遊ばれたのか、ということについてですが、公開したゲームのダウンロード数とプレイ数はそれぞれ次の通りです。

  • ダウンロード数:累計3900程度
  • プレイ数:累計2600程度

作品数はそこそこ多いほうなので、正直この数字はかなり少ないほうだと思います。ゲームのクオリティや話題性がいまいちなせいか、かなり限られた方にだけ遊んでいただけているといった印象ですね。

まあもちろん、たくさんダウンロードされればそれで良いとは一概には言えません。しかしゲーム制作者としては一人でも多くの方に楽しんでもらいたいと思っているので、現状ではまだまだ精進が足りないと言わざるを得ない状態だと思っています。

今後の活動の予定

さて、次に今後の活動の予定についてです。

直近の大きな目標

まず、今後活動するうえで直近の目標は

ニコニコ自作ゲームフェス2020にユニティちゃんのゲームを出す

ということです(といっても、今のところ「間に合ったら出したいな」程度)。

ニコニコ自作ゲームフェス2020についての詳細はググってほしいのですが、まあ簡単に言うと賞金が出る企業主催のコンテストです。このコンテストはウディコンのような制作ツールの縛りがなく、Unityでも参加できる…というか、協賛企業の中にユニティ・テクノロジーズジャパンがあってUnity賞があるくらいなので、ぜひUnityで参戦してみたいなぁと思いました。

狙うはもちろんUnity賞!なぜか?賞品の「アセットストアのクーポン券」が欲しいから!理由はただそれだけです…。

年内にやりたいこと

それから今年も残すところあと3か月ですが、年内には今片手間で作っている「俺の作りたいゲーム何でも作れちゃうアセット(仮)」(我ながらひどい名前です)をひとまず完成させたいなぁと思っています。

これはFPS、3Dアクションゲーム、弾幕STGなどを一通り作れるようになる自作アセットで、完成すればその辺のゲームをガンガン作れるようになる…と思います。完成がとても楽しみなので、少しずつでも作業を進められればいいなぁと思います。

おわりに

それにしても、こうして今までの活動を振り返ってみると、やはり2年で15本のゲームを作れたのは我ながらかなりの成果だと思っています。

もちろん作ったゲームの面白さはまだまだですが、少なくとも「ゲームを作って完成させる」ことに関しては相当自信がついたのでとても良かったです。今後もこの調子でガンガンゲームを作って楽しんでいけたらいいなぁと思います。

さて、最後になりますが、いつも「くろくまそふと」の活動を見守っていただきありがとうございます!これからも楽しいゲームを作れるように頑張っていきますので、今後もよろしくお願いいたします。